top of page
  • 執筆者の写真股份有限公司 行動學習

何故、このオフィスを作ったか

かっこいいオフィスに憧れていました。

夢のようなオフィスがほしかったからです。


しかし、今更お洒落なオフィスを構える企業を探すわけにもいかず、自分で作るのもありかと思います。

よって、作りました。


2019 年に手元にある現金でこの空間を作りました。

使っていたユースホステルのデザイナーにお願いしてデザインしてもらいました。

全部リノベーションはかなり大掛かりな作業と資金であることは後知りました。

しかし、多くの人々に入ってもらってみんさんが言っているのは、

居心地がいいっていうことでした。


その居心地のよさのうらには、多くの努力です。


私たちが目指したいのは居心地いい体験サービスです。

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食事で繋ごう

国籍、病気、信仰を問わず、テナントや近隣の住民にランチの自炊、共食サービスを提供する。 偏食、個食、孤食、アレルギー食、宗教食などの食のニーズを持つ、オフィスのテナントは一緒に食事を作って共にシェアし、食卓を囲い、相互理解が深まり、一つ屋根の下にいる異なった会社のスタッフとも同じ釜のめしを共にするような一体感を感じることができます。 1日三食の一つのランチには、弁当の個食、孤食現象が目立っています

台北でオフィスを探すために

みなさんは、どのように、自社のオフィスを探しているのでしょうか。 日本人駐在員から、オフィスに気になるポイントを聞きました。 1 交通便利日本と異なり、交通手当は台湾ではあまり支給されず、多くのサラリーマンは自腹で会社にいきます。ベッドタウンから台北市内は一本で行ける通勤ルートは好まれます。複数の路線で行ける駅から、徒歩距離なら従業員が喜ぶと思われます。 2内装綺麗 スタンダードでしたら、授業員は

Comentarios


bottom of page