top of page
  • 執筆者の写真ALBC

台北でオフィスを探すために

みなさんは、どのように、自社のオフィスを探しているのでしょうか。

日本人駐在員から、オフィスに気になるポイントを聞きました。

1 交通便利日本と異なり、交通手当は台湾ではあまり支給されず、多くのサラリーマンは自腹で会社にいきます。ベッドタウンから台北市内は一本で行ける通勤ルートは好まれます。複数の路線で行ける駅から、徒歩距離なら従業員が喜ぶと思われます。

2内装綺麗

スタンダードでしたら、授業員はそれほど苦労しないと思います。日本オフィスビルないし雑居ビルのトイレは、ほとんどオフィスの外にあります。台湾もそうです。オフィスビルは、管理会社が責任を持ってトイレの清掃を行います。一方、トイレがそれほど綺麗に掃除されず、女性はストレスを感じる場合もあります。オフィスを探す時に、要注意です。

3契約早期中止

台湾では、契約を早めに中止する場合は違約金として、一ヶ月間の家賃をとる場合はあります。契約する時に、弁護士や大家さんにご確認ください。

 

知らない土地で、オフィスを探すのは苦労だと思います。弊社を利用する場合、相談乗ります。

 

弊社のほか、下記のプラットフォームから多くの小型オフィスを見つけることができます。

台北のみならず、新北市でも多くのシェアオフィスが登録されています。

弊社の責任者は、人とのつながりを大切しています。

簡單創のオーナーさんとは直接お会いしたことがありませんが、この会社の対応が早い、誠実をかじるところから、このプラットフォームが信頼されると思います。


 



ページデザイン 網頁設計、網站設計

レンタルオフィス 商務中心

バーチャルオフィス 虛擬辦公室

シェアオフィス 共享辦公室

商業登録 借址登記

小型オフィス 小型辦公室出租

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食事で繋ごう

国籍、病気、信仰を問わず、テナントや近隣の住民にランチの自炊、共食サービスを提供する。 偏食、個食、孤食、アレルギー食、宗教食などの食のニーズを持つ、オフィスのテナントは一緒に食事を作って共にシェアし、食卓を囲い、相互理解が深まり、一つ屋根の下にいる異なった会社のスタッフとも同じ釜のめしを共にするような一体感を感じることができます。 1日三食の一つのランチには、弁当の個食、孤食現象が目立っています

Comments


bottom of page